冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀でネクタイピンはNG?男性が注意するべき服装マナーとは

葬儀ではネクタイピンがNGって、知ってましたか?

男性は、葬儀ではブラックスーツにブラックタイが基本ですよね。

シンプルな服装なので、注意することはネクタイの色くらいなのでは…と思っていたのですが、ネクタイピンがNGとは盲点でした。

 

もちろん、ご存知だった方も多いとは思うのですが、マナーに関することって、意外と知らないことがたくさんありますよね。

いざという時、恥をかいたり失礼をすることのないように、しっかり確認しておきたいものです。

そこで、葬儀での男性の服装マナーについて、注意することをまとめてみました。

スポンサードリンク

葬儀にふさわしい男性の服装とは

繰り返しになりますが、一般参列者の場合、葬儀での男性の服装は、ブラックスーツにブラックタイが基本です。

スーツは、シングルでもダブルでもかまいません。

また、黒のほか、濃紺やダークグレーなどのダークスーツはOKですよ。

 

中に着るワイシャツは白色ですが、靴下は黒無地のものを着用します。

靴も黒で、光沢がなく、金具の付いていないものを選ぶようにしてくださいね。

 

さて、女性は洋装なら、葬儀の場にもアクセサリーをつけますが、男性は基本的にアクセサリーをつけません。

例外とされているのは、結婚指輪(婚約指輪)と腕時計くらいです。

葬儀 男性 画像

ネクタイピンも、もちろんNG。

そのほか、カフスボタンも派手なものは外すようにします。

ポケットチーフもつけません。

普段おしゃれをしている人は、ネクタイピンやカフスボタンをうっかりつけたまま参列しないよう、注意したほうが良いですね。

スポンサードリンク

葬儀ではおしゃれは不要!

男性は、葬儀では黒のスーツに黒のネクタイ、靴も靴下も黒色で、黒ずくめです。

おしゃれが好きな人にしてみれば、ちょっと物足りないかもしれませんよね。

鏡を見て、ワンポイント欲しくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、そもそも葬儀の場では、おしゃれは必要ありません。

女性がアクセサリーをつけるのも、あくまで正式な装いとして、つけたほうがふさわしいからなんですよ。

おしゃれのためではありません。

葬儀 画像

ですから、おしゃれ男子にとっては寂しい服装に思えるかもしれませんが、葬儀ではアクセサリーの類はつけないようにしてくださいね。

腕時計も、ゴールドなど派手なものは避けるようにしましょう。

 

ネクタイピンについては、真珠のついたシンプルなものならOK…と言う男性もいるようですが、葬儀ではいろいろな方が参列します。

特に、遺族の中にマナーを気にする方がいれば、不快な思いをさせてしまうことにもなりかねません。

やはり、慣例に従って、男性はネクタイピンをつけないほうが良いでしょう。

 

葬儀では、マナーを守った服装で、失礼のないようにしたいものですね!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031