冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀に持って行くハンカチの色は何色?デザインは?

葬儀に持って行くハンカチ、色はやっぱり黒なのでしょうか?

それとも、白?

デザインは、やはり無地のものでないとダメなのでしょうか?

 

葬儀でのマナーは、服装についてもいろいろあって大変ですよね。

小物のことまで気が回らず、いざ出かける時になって「ハンカチがない!」…なんて経験がある方も、多いかもしれません。

 

たかがハンカチ、されどハンカチ。

葬儀では、涙を誘われることも多いですから、人前で出せるハンカチを用意しておきたいものですね。

葬儀の場にふさわしいハンカチの色やデザインについて、見ていきましょう。

スポンサードリンク

ハンカチの色は黒なのか白なのか?

迷う人が多いと思います、葬儀でのハンカチの色。

白か黒か、どっちかだとは思うけど、どっちが正しいのか分からない…と迷うんですよね。

 

最近では、葬儀でのハンカチの色は黒色とする考え方が浸透してきました。

喪服が黒色なので、当然ハンカチも黒、というわけです。

 

でも、実はもともとは、結婚式などの慶事ごとに参列する場合と同じで、葬儀でも白のハンカチがマナーとされていたそうですよ。

なぜ白なのかと言うと、神事・弔事の際に白装束をまとうことや、故人が身に着けるのも白装束であることから、白が正式とされたんだとか。

葬儀 ハンカチ 画像

ですので、本来の葬儀での正式なハンカチの色は、白ということになります。

しかし、先に述べましたように、今では黒のほうが主流となりつつあります。

また、袱紗の色に合わせて、淡い紫やグレーのハンカチを持参する人も見られます。

 

ハンカチに関しては、服装と違って常に目に入るものではないので、マナーの面でも比較的大らかな扱いをされているのでしょう。

白、黒、あるいはグレーや紫などのダーク系の色合いであれば、葬儀に持っていっても問題はないようですね。

スポンサードリンク

葬儀でのハンカチのデザインは?

では、デザインについてはどうでしょうか?

フォーマルハンカチと言うと、無地のものが基本ですよね。

しかし、こちらも最近では、同色の刺繍がほどこされたものやレースの縁取りがついたものなど、多少のバリエーションは許されるようになってきました。

派手な柄物などは目立つので良くないですが、色が統一されていて控えめなデザインであれば、人前で使っていても大丈夫でしょう。

葬儀 ハンカチ 画像

葬儀でのハンカチ、古くをたどれば白色が正式であることが分かりました。

しかし、最近では黒やダーク系もOKとする考え方が主流となってきています。

デザインも、控えめなものなら無地でなくても大丈夫です。

 

とは言え、フォーマルはフォーマルですから、普段使いのハンカチとは別に、葬儀用のハンカチをきちんと用意しておきましょう。

いざと言う時、慌てることのないように、ほかの小物とセットで置いておくと良いですね。

ハンカチの色は、なるべく黒か白が良いでしょう。

ダーク系の色合いにするのであれば、袱紗と合わせた色にするのがオススメですよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930