冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀にふさわしい髪型は?ロングならまとめ髪でスッキリと

葬儀にふさわしい髪型は、どんなものがあるのでしょうか。

特に女性でロングヘアの場合、お焼香などの時に邪魔にならないように、注意しなければいけません。

また、茶髪ってどこまで許されるのかしら、と不安になったりもしますよね。

葬儀の場での髪型について、一般的なマナーや注意点をまとめてみました。

 

葬儀でまとめ髪にする時のポイントは?

葬儀での髪型で気をつけなければならないのは、お辞儀やお焼香の時に、邪魔にならないということ。

ロングヘアなら、葬儀ではスッキリとまとめ髪にして参列すると良いでしょう。

ダウンスタイルでは、どうしても髪が下りてきて邪魔になります。

ヘアゴムやバレッタなどで束ねるだけなら簡単ですので、きちんとまとめておくようにしてくださいね。

もちろん、ヘアゴムやヘアピン、バレッタなどは、黒色のものを使います。

スポンサードリンク

髪色も、本来は黒が望ましいもの。

黒に近い茶色程度ならそのまま参列してもOKですが、あまり明るい色は良くありません。

髪色が目立ちそうだと感じたら、スプレーなどで一時的に黒くすると良いでしょう。

 

また、茶髪でロングの方は、アップスタイルでコンパクトにまとめると、髪色も目立たなくなるのでオススメですよ!

葬儀 髪型 画像

ただし、アップスタイルにする時は、耳より下の位置でまとめるように注意しましょう。

高い位置でまとめると派手な印象になりますし、慶事の時の髪型のようにも見えるので良くありません。

ヘアワックスやスプレーなども、香りが周囲の人の気にならないよう、控えめなものを選ぶようにしてくださいね。

スポンサードリンク

ショートヘアやボブスタイルの注意点

ショートヘアやボブスタイルの場合、まとめる必要はありませんが、上品な印象になるようにブローの際に気をつけましょう。

内巻きになるようにブローをすると、スッキリとまとまって見えるのでオススメですよ。

また、ある程度長さのあるボブスタイルでは、お辞儀の際に邪魔になることも考えられます。

そういう場合は、ピンでとめておくなどして、見苦しくないように注意しましょう。

 

男性の葬儀での髪型は?

男性の場合、葬儀にふさわしいのは、短くスッキリとした髪型ですね。

もし、伸びてきているなと感じるようなら、葬儀の前にカットしておいたほうが良いでしょう。

前髪が目にかかったりしていると、見苦しい印象を与えますから良くありません。

 

きれいに切り揃えた短髪は、スッキリとした印象を与えて、見た目にも気持ちの良いものです。

清潔感のある髪型で参列しましょう。

葬儀 髪型 画像

髪型って、人の印象を大きく左右することもある要素ですから、大事ですよね。

特に、葬儀のような正式な場面では、気をつけるようにしたいものです。

 

女性でロングヘアの方は、まとめ髪でスッキリとした髪型で参列しましょう。

ショートヘアやボブスタイルでは、内巻きにブローするのがポイントですよ。

 

葬儀の場では、服装だけでなく髪型にも十分に配慮して、マナーを守って参列するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930