冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

冬の葬儀にコートはOK?色やデザイン、素材に注意!

冬の葬儀って寒いですよね。

コートを着て参列したいところですが、喪服にコートを合わせる場合、色やデザインってどういうものならOKなんでしょうか。

また、素材なども気になりますよね。

 

真冬の葬儀で、着て行くコートがない…なんてことになったら、大変。

寒くて凍えてしまいますし、周りの人にも違和感を与えてしまうかもしれません。

そうかと言って、普段使いのカジュアルなコートでは、やっぱり目立ってしまいますよね。

 

訃報は突然やってくるものですから、いざという時に困らないように備えたいところです。

葬儀に着て行けるコートや、NGポイントをチェックしましょう。

スポンサードリンク

喪服の上に着られるコートってどんなもの?

まず、当たり前のことですが、カジュアルなダウンコートなどは喪服の上に着るのには適していません。

暖かいのは分かりますが、葬儀の場では遠慮しましょう。

 

コートでも、フードが付いているようなカジュアルなデザインのものは避けてください。

おすすめは、ロング丈の上品なデザインのコートです。

できればフォーマル用に、普段使いとは別のコートを一着、持っておきたいところです。

 

色は、やはり黒が良いでしょう。

ベージュのコートは普段使いとしては人気の色ですが、葬儀の場では目立ちますので良くありません。

黒でなくても、グレーや濃い茶色など、なるべく黒に近い色を選ぶようにしてくださいね。

葬儀 画像

また、もちろんチャックやボーダーなどの柄の入ったものではなく、無地のコートを選びましょう。

柄の入ったコートを着ていると、せっかく中に喪服を着ていても、まるで遊びに来たような服装になってしまって台無しですよ!

周囲の方の印象を考えて、マナー違反にならないように、フォーマルな場にふさわしいコートを着て行きましょう。

スポンサードリンク

葬儀にNGのコートって?

黒の無地のコートだからバッチリ!…と思っても、襟元にファーが付いていたりしたら、いただけません。

葬儀の場では、革や毛皮はNGなんです。

これは、殺生をイメージさせることを避けるためで、コートに限らず、バッグや靴についても同じことです。

 

フェイクファーならOKなのでは?と言う人もいるようですが、周囲の人に不快な思いをさせるようなことがあっては良くありません。

フェイクであっても、革や毛皮は避けるようにしてくださいね。

葬儀 コート 画像

また、ゴールドやシルバーなど、キラキラとしたボタンが付いているコートも、葬儀の場にはふさわしくありません。

葬儀では、靴やバッグにも光る金具などは付いていないものを選びますよね。

コートにしても同様ですから、気をつけましょう。

 

ボタンだけでなく、生地についても、光沢のある素材は良くないですよ!

エナメルなどの光る素材や、ラメの入った生地は避けるようにしてくださいね。

 

葬儀に着て行くコート、いろいろと気をつけるポイントがありますね。

しかし、冬の葬儀にはコートが必須ですから、一着は持っておいたほうが良いでしょう。

急な訃報にも対応できるように、あらかじめ備えておきたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031