冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

弔電の送り方 宛名の書き方や届けるタイミングについて

弔電の送り方って、意外と知らないことが多いのではないでしょうか。

宛名はどうするのか、届けるタイミングはいつが良いのか…

いざとなると、どうするべきか分からなくて迷ってしまいそうですね。

 

弔電は、何らかの事情で弔問に訪れることができない場合、遺族にお悔やみの気持ちを伝えるために届けるものです。

本来なら、通夜や葬儀に参列をして、直接伝えるべきところですから、弔電を打つ場合には特に失礼のないように心がけたいものですね。

弔電の送り方について、宛名の書き方や届ける日時、本文を書く時の注意点なども紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

弔電の宛名の書き方

弔電は、通夜・葬儀が行われる斎場へ届けます。

宛名は喪主宛てが原則。

フルネームで、漢字などにも間違いがないように気をつけましょう。

訃報を電話で受けた場合には、なるべくメールやFAXを送ってもらって、きちんと確認したほうが良いでしょう。

また、弔電を電話で手配する時は、担当者にも正確に伝わるように、気を配ることが大切ですよ。

弔電 送り方 画像

どうしても喪主の方の名前が分からないという場合には、故人のフルネームを入れて、

「○○○○様 ご遺族様」「○○○○様 遺族ご一同様」といった書き方で対応します。

スポンサードリンク

弔電を届ける日時

弔電を届ける日時については、なるべく早く届けるのがマナーです。

遅くとも、通夜の始まる3時間前には斎場に届くように手配しましょう。

訃報が届いてから通夜・葬儀まで、あまり間のないことも多いので、訃報を聞いたら速やかに手配するようにしてくださいね。

 

時間に余裕のある場合でも、弔電については、なるべく早く届けるという考えで間違いはありません。

斎場に早めに届いても、きちんと管理をしてくれますから、心配することはないですよ。

そもそも、一刻も早くお悔やみの気持ちを伝えるための弔電ですから、速やかに届けることを第一に考えましょう。

 

弔電の本文の書き方は?

弔電の本文は、基本的には定型文を使うと良いでしょう。

通夜・葬儀の場では使ってはいけない忌み言葉なども多いですから、自分で本文を作るとなると、かなり神経を使います。

定型文なら、そういった心配もないので、安心して弔電を送ることができますね。

 

ただ、定型文だけでは正直、「誰からか分からない」といった内容になってしまうことも否定できません。

それでは味気ないという方は、少し自分の言葉を加えてみましょう。

故人との思い出やエピソードを述べ、「~が思い出されます」といった言葉でまとめると良いですよ。

本文の始めと終わりには定型文を使って、「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈り致します」など、弔意を表す言葉を入れると、きれいにまとまります。

弔電 送り方 画像

くれぐれも、忌み言葉には気をつけて、失礼のないようにしてくださいね。

弔電に自分の言葉を加える時には、一度メモ帳やパソコンで文章を書いてみて、目で見て確認することをおすすめします。

 

弔電は、通夜や葬儀に参列できない場合に、一刻も早くお悔やみの気持ちを伝えるために送るもの。

宛名や本文の書き方など、送り方のマナーを守って、弔意が伝わりやすいようにしたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930