冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀に花を贈りたい…手配する前に喪家や斎場に相談を!

葬儀に花を贈りたいと思ったら、手配する前に、喪家もしくは斎場に相談しましょう。

相談なしに手配をすると、斎場でほかの花とのバランスがとれないことも考えられます。

そんなことにならないためにも、事前の相談は必要ですよ。

 

葬儀に贈る花は供花(きょうか)といって、生花や花輪など種類があります。

また、宗教や地域、遺族の意向によっても用いる花が違ってきます。

葬儀で花を贈る時には、そういったことにも配慮しましょう。

スポンサードリンク

葬儀に贈る花の種類

一般的には、花輪は会社や団体名で贈る場合に用いられ、個人で贈る供花には、生花を用いることが多いようです。

 

特に花輪を贈る場合は、斎場の大きさとのバランスも大事です。

お悔やみの気持ちを伝えたいからと、あまり大きい花輪を贈っても、斎場が小さい場合には置き場に困ってしまうこともありますからね。

そうなると、せっかくの気持ちがかえって迷惑ということにもなりかねません。

 

そのほか、どの花を贈るかということも重要ですよ。

葬儀では、基本的には白い花が飾られますが、白い花と一口に言っても、宗教や地域よって違いがあります。

仏式・神式の葬儀では、白色の菊や蘭、百合が定番ですが、関西では仏式の場合、樒(しきみ)という白い花が供花とされます。

キリスト教の場合には、白百合が主流となっていて、それも生花に限りますので気をつけましょう。

葬儀 花 画像

宗教や地域の慣例に従って手配したので、バッチリ!…と思っていても、故人がその花を嫌いだった場合など、失礼になってしまうケースもあります。

また、遺族の意向で、故人が生前好きだった花を用いることもありますよ。

そういった場合のことも考えて、葬儀に花を贈る時には、事前に相談してどの花を贈るかを決めましょう。

スポンサードリンク

担当葬儀社で手配するのがベスト

とは言え、一般参列者の場合、喪家に直接電話などをするのは控えたほうが良いでしょう。

喪家は、通夜・葬儀の前には非常に忙しいものですからね。

 

一般参列者が花を贈る場合には、斎場へ問い合わせをして、担当の葬儀社を教えてもらいましょう。

担当葬儀社に連絡して手配をすれば、ほかの花とのバランスも考慮した供花を贈ることができますよ。

祭壇に飾った時にも統一感があるので、見た目が良くなります。

 

また、葬儀社によっては、他社からの供花の持ち込みを断っているところもありますから、知らずに贈ってしまうと、せっかく贈った花が祭壇に飾られないことになってしまいます。

そういったことを避けるためにも、供花は担当葬儀社で手配をするのがベストなんです。

葬儀 花 画像

なお、親族が花を贈りたい場合には、喪家で注文を取りまとめることが多いですから、訃報の連絡を受けた時にお願いすると良いでしょう。

後から注文したい場合には、やはり葬儀社へ直接依頼するようにしてくださいね。

 

葬儀に贈る花と言っても、いろいろと種類があって大変ですよね。

祭壇に飾られる供花は、ほかの花とのバランスも大事ですから、手配する前に必ず喪家や斎場へ相談しましょう。

担当葬儀社で手配をすると、間違いがないのでおすすめですよ。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930