冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀でのお焼香の回数や作法について 意外と知らない意味も解説

葬儀でのお焼香、回数は何回だったかなど、作法が曖昧で自信のない人も多いのではないでしょうか。

また、お焼香ってそもそもどんな意味があってするものなのか、意外と知らなかったりしますよね。

 

いざ、通夜や葬儀の場になって、作法が分からず前へならえで済ませてしまうこともあるお焼香。

正式には、何回するのが正しいのでしょう。

宗派による作法の違いや、知っておきたいお焼香の意味についても解説します。

 

お焼香は何回が正解?

お焼香の回数は、宗派によって違います。

と言っても、葬儀ごとに、喪家の宗派に合わせてお焼香をする必要はありません。

一般会葬者は、それぞれ自分の宗派の作法に従ってOKなんです。

 

なお、宗派によるお焼香の作法の違いは、次のようになっています。

回数だけでなく、抹香を額の高さへ掲げる、「押しいただく」動作をするかしないかにも違いがありますので、確認しておいてくださいね!

スポンサードリンク

日蓮宗では押しいただいて、1回または3回。日蓮正宗は、押しいただいて3回します。

天台宗では、回数を特に定めていませんが、1回ごとに押しいただくようにします。

真言宗では、押しいただいて3回。

浄土真宗 本願寺派は押しいただかずに1回、真宗大谷派では押しいただかずに2回。

真宗高田派では、押しいただかずに3回します。

浄土宗では、回数には特に定めがありませんが、1回ごとに押しいただくようにします。

臨済宗は1回で、押しいただく、押しいただかないの定めはありません。

曹洞宗は2回ですが、1回目は押しいただいて、2回目は押しいただかないという違いがあります。

葬儀 焼香 画像

いかがですか?

けっこう細かい違いがあって、ややこしいですよね。

でも、自分の宗派を確認して、その宗派での作法を覚えてしまえば、もう慌てることはないですよ!

 

なお、会葬者が多い葬儀など、場合によっては1回でのお焼香をお願いしているケースもあります。

そのような場合には、指示に従ってお焼香をするようにしてくださいね。

 

また、どの宗派の場合でも、まずお焼香の前に遺族に向かって一礼することがマナーです。

お焼香が終わった後も、一礼してから席へ戻るようにしてくださいね。

スポンサードリンク

お焼香の意味

そもそも、お焼香にはどんな意味があるのでしょうか。

仏教では、香は心身を清めたり、心を落ち着けるということを表していますが、お焼香には次のような言われもあります。

それは、故人が四十九日の間、閻魔様の裁きを受けている時に、香をたくことで力を与えることができるというもの。

 

お焼香は、故人が少しでも良い裁きを得られるようにと、願いながら行うものです。

そういった意味についても理解して、心をこめてお焼香をするようにしてくださいね。

葬儀 焼香 画像

お焼香の回数や作法は、宗派によって違います。

ちょっとややこしい違いもありますが、基本的には葬儀では、自分の宗派の作法に従って問題はありません。

一度覚えてしまえば済むものですから、通夜や葬儀の場で慌てないよう、確認しておくようにしてくださいね。

また、お焼香は故人の力になるよう、気持ちをこめて行いましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031