冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀で遺族にかけるお悔やみの言葉の例は?NGワードは?

葬儀で遺族にかけるお悔やみの言葉って、なかなか難しいものですよね。

「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」と言う以外に、良い例はあるのでしょうか。

また、知らずに使ってしまいがちなNGワードとは…?

 

親しい方が亡くなった時、遺族の方とも顔見知りなら、少しでも力づけてあげたいと思いますよね。

そんな時、何か良いお悔やみの言葉はないものでしょうか。

葬儀ではあまり長く話す時間もありませんから、簡潔にお悔やみと、励ましの気持ちを伝えたいところです。

ここでは、葬儀でのお悔やみに関する注意点と、良いお悔やみの言葉の例を紹介します。

スポンサードリンク

お悔やみは遺族の気持ちに寄り添って

まず、基本のお悔やみの言葉は、

「この度はご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」

というもの。素直にお悔やみの気持ちを表現する言葉です。

 

これに何か言い添えたい場合には、故人の亡くなった状況などを考え合わせ、遺族の気持ちに寄り添った言葉を選びましょう。

たとえば、病気で亡くなった場合には、

「この度は思いがけない知らせに驚きました。お見舞いに伺った時はお元気そうでいらっしゃったのに、本当に残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。」

「この度はご愁傷様でございます。入院中と伺っておりましたのに、すぐに退院されるとばかり思っていましたので、お見舞いにも伺わずに失礼致しました。心よりお悔やみ申し上げます。」

このように、お見舞いに伺った時の様子や、伺えなかった場合はお詫びの言葉を添えてお悔やみを伝えると良いでしょう。

葬儀 お悔やみ 画像

事故や急死の場合には、「突然のことで、言葉もありません。」「信じられない思いでいっぱいです。」など、突然の不幸を悼む言葉を添えましょう。

スポンサードリンク

「頑張って」はNGワード

お悔やみの言葉で遺族を励ましたいという場合、「頑張って」という表現は良くありません。

悲しみに沈んでいる遺族にとっては、負担となる言葉ですから、避けましょう。

何か励ましの言葉をかけたい時は、「お力落としなさいませんように」「お気をしっかりとお持ちください」など、控えめな表現で伝えるようにしてくださいね。

 

お子さんが亡くなった場合や、急なことで遺族のショックが大きいような場合には、

「どんなにかお辛いこととお察しいたします」「お力落としのことと思います」

など、悲しみを共有してくれる言葉のほうが、遺族の気持ちが救われる場合もありますよ。

葬儀 お悔やみ 画像

また、故人が高齢だった場合に、「大往生」「天寿をまっとうした」という表現を使うのも、葬儀の場ではふさわしくありません。

天寿をまっとうしたかどうかは、本人や遺族の考え方によって違ってきます。

たとえ百歳近い高齢で亡くなったとしても、勝手に「大往生」と決めつけるのは失礼ですし、お悔やみの言葉にもなっていません。

うっかり使ってしまうことのないよう、気をつけましょう。

 

葬儀でのお悔やみの言葉で大切なのは、遺族の気持ちに寄り添うということ。

強い励ましの言葉や、「大往生」などという表現はふさわしくないので、避けましょう。

簡潔にお悔やみの気持ちを伝えられるよう、葬儀に参列する際には、あらかじめお悔やみの言葉を考えておくと良いですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031