冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式用のバッグにお財布が入らない!こんな時どうする?

結婚式用のパーティバッグって小さくて、お財布が入らない!困った!なんてことも多いですよね。

お財布は、けっこう厚みもあってかさばるものです。

普段使いのバッグならいざ知らず、パーティバッグには到底入らないと思えることも。

結婚式 財布 画像

そもそも、パーティバッグってお財布が入るようには作られていないんですよね。

というのも、欧米ではパーティに出席する際、女性は男性にエスコートされているため、お金を持つ必要がないんです。

でも、そんな常識は日本では通用しないので、女性もお財布を持って行かないといけませんよね。

結婚式用のバッグにお財布が入らない時、皆さんはどうしていますか?

 

お財布自体をコンパクトにしてみる

もうちょっとで入りそうかな?と思える程度なら、お財布自体をコンパクトにしてみましょう。

お財布の中には、お店のポイントカードや診察券の類など、普段は使わないものもたくさん入っていますよね。

そのほか、免許証や銀行のカードなんかも、結婚式当日に使うことはありません。

はっきり言って、現金が少し入っていれば十分ですから、思い切ってどんどん抜いて、お財布をペタンコにしちゃいましょう!

そうすれば、バッグにもスッキリ収納できますよ。

 

それでも、お財布自体が大きくて無理!という時は、パーティ用のコンパクトなお財布を用意するのも良いですね。

お呼ばれの機会が多い方なら、ひとつ持っていると重宝しますよ!

 

どうしても入りきらない場合は?

お財布をコンパクトにして対応できれば良いですが、どうしても無理!という時は…

いっそ、お財布を持つのをやめましょう。

かわりに、必要な分の紙幣を、封筒などに入れて持って行きます。

これならかさばらないし、バッグがパンパンになることもなく、スッキリ持てますよね。

 

お釣りで小銭が出た時に困らないように、小さなピルケースなどを用意しておけば万全!

「お財布を持たない」って盲点ですが、意外とこういった形で対応している人も多いんですよ。

 

また、究極のパターンとしては、クレジットカードだけ持って行くという方法もあります。

現金派の方には無理ですが、小銭が出る心配もなくて安心ですよね。

 

最終手段・バッグを見直す!

あれこれ工夫したけど、やっぱりバッグが小さすぎると感じる人は…

思い切って、バッグを見直してみても良いかもしれません。

 

いわゆるパーティバッグ以外にも、もう少し大きめで、サブバッグとして使えるようなバッグがあると便利です。

サブバッグがあれば、会場まで持ち込むものと、クロークに預けるもので使い分けることができますよ。

これなら、パーティバッグには貴重品とハンカチ・ティッシュ程度で済みますね。

結婚式 バッグ 画像

サブバッグと言っても、コサージュなどが付いた華やかなサテンバッグなら、披露宴会場にも違和感なく持ち込めますよ。

逆にこれひとつでも良いくらい!

お財布も携帯電話も入れられるので、便利ですよね。

 

結婚式でバッグにお財布が入らないとお悩みの方のために、いろいろな対処方法をまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031