冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式の二次会に呼ばれたら服装はどうする?「平服」の意味とは

結婚式の二次会って、けっこう服装に迷いませんか?

披露宴ほど格式ばらなくても良いけれど、あまりラフな服装は場にふさわしくありません。

かえってバランスが難しかったりしますよね。

 

また、招待状に「平服でお越しください」なんて書いてあると、普段着で行ったほうが良いのかな?…と考えてしまう人もいるかもしれません。

この場合の「平服」は、「普段着」の意味ではないですよ!

間違っても、ジーンズで行ったりしないようにしてくださいね。

 

では、いったいどんな服装が二次会にはふさわしいのか??

迷えるあなたのために、ポイントを紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の二次会におすすめの服装

ズバリ、結婚式の二次会に着ていくのにおすすめの服装は、女性なら上品なワンピースかスーツ。

高級感のあるレストランでの二次会なら、フォーマルワンピースがおすすめですよ。

サテン地など、光沢のある生地を選んで、パーティー感を出すように意識しましょう。

二次会 服装 画像

カジュアルな雰囲気の会場だとしても、あまりくだけた格好では失礼にあたります。

柄の入ったワンピースや、ブラウスにスカートといったスタイルもOKですが、上品なものを選ぶように注意しましょう。

ブラウスを着る場合には、ジャケットやボレロなどを合わせるとパーティーっぽくなるのでおすすめですよ。

 

和装にしたいという方は、振袖よりも訪問着にすると良いでしょう。

派手すぎず、色味や柄は控えめなものを選ぶようにしてくださいね。

二次会 服装 画像

男性は、ベースは黒かダーク系のスーツでOK。

カラーシャツを合わせて、少しカジュアルにすると良いでしょう。

ネクタイは、あってもなくても構いませんよ。

ノーネクタイが不安だと言う方は、つけて行って、会場の雰囲気を見て外すかどうか決めるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

「平服」の正しい意味は

結婚式の招待状に書かれてある「平服」は、正しくは「略礼装」という意味になります。

正式な礼装でなくても良いが、普段着ではなく、改まった場でも恥ずかしくない服装ということですね。

 

二次会の場合でも、改まった場であることには違いありません。

ですから、「平服でお越しください」と書かれていても、意味を取り違えることのないように注意しましょう。

 

二次会で避けたい服装

結婚式当日、「白」は花嫁の色と言われています。

披露宴ではもちろん、二次会でも避けるようにしてくださいね。

 

また、露出度が高いドレスや、派手すぎる服装も二次会にはふさわしくありません。

花嫁を目立たせることを意識して、きちんとした服装でありつつ、控えめにするのがポイントですよ。

露出の高い服には、ボレロなどはおり物を組み合わせて着ると良いでしょう。

和装でも、振袖は華やかすぎますから、二次会で着用するのは控えるようにしてくださいね。

二次会 服装 画像

結婚式の二次会にふさわしい服装のポイントを紹介しました。

二次会では、派手すぎず、しかしパーティー感もきちんと出すことが大切。

「平服で」と書いてあっても、普段着という意味ではありませんから、間違えないようにしてくださいね!

バランスの良い服装で、マナーを守って結婚式をお祝いしたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031