冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式に親族として呼ばれたら…服装で気をつけたいマナーを解説

結婚式に親族として出席する時、服装はどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

結婚式には、新郎新婦の友人や会社の同僚・上司など、関係者が大勢います。

せっかくの晴れの日に、新郎新婦に恥をかかせることのないよう、きちんとした服装で出席したいものですね。

 

一口に親族と言っても、両親や兄弟姉妹、叔父・叔母など、立場によってふさわしい服装も変わってきます。

また、新郎新婦の衣装との調和も考慮したほうが良いですよ。

 

結婚式での親族の服装マナー 女性の場合

結婚式では、親族は正礼装または準礼装で出席します。

 

女性の場合、母親なら正礼装で、和装は黒留袖、洋装はアフタヌーンドレスかイブニングドレスになります。

一般的には和装が多く、黒留袖を着用する方が全体の8割を占めています。

控えめで気品もあって、母親として出席するにはもっとも無難な衣装と言えますよ。

結婚式 親族 画像

叔母や姉妹などの親族は、既婚者ならやはり和装が一般的で、黒留袖になります。

母親より派手にならないよう、色や柄は控えめにしてくださいね。

未婚者の場合は、和装なら振袖ですが、大振袖は花嫁が着用する可能性がありますから、なるべく避けたほうが良いですよ。

 

洋装にする時は、昼の結婚式ならアフタヌーンドレス、夕方以降の結婚式ならイブニングドレスになります。

時間帯によって使い分けがありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

結婚式での親族の服装マナー 男性の場合

男性の場合、父親なら正礼装であるモーニングコートやテールコート、和装なら紋付羽織袴が結婚式にふさわしいスタイルです。

和装にする時は、もっとも格式の高い五ツ紋付羽織袴を選ぶようにしましょう。

結婚式 親族 画像

そのほかの男性親族は、準礼装となるディレクターズスーツやブラックスーツ、タキシードを着用します。

ディレクターズスーツは昼間の結婚式、タキシードは夕方以降の結婚式の衣装になります。

ブラックスーツなら、昼夜どちらの結婚式に着用してもOKですよ。

父親以外の男性親族で和装をする場合には、父親よりも少し格を下げて、三つ紋付羽織袴にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

新郎新婦との調和を意識して

結婚式での親族の服装は、新郎新婦との調和も大切。

新郎新婦が和装なのか洋装なのか、あらかじめチェックしておき、なるべく合わせるようにしたいものです。

と言っても、お色直しで両方着るような場合には、特に気をつける必要はありません。

いずれにしても、事前の確認は怠らないようにしましょう。

 

母親は、両家で衣装を統一すると、見栄えが良いのでおすすめですよ。

無理をして揃える必要はありませんが、どういった衣装で出席するのかということは、お互いに知っておいたほうが良いでしょう。

新郎新婦を通して、情報交換しておくことをおすすめします。

結婚式 親族 画像

新郎新婦にとって一生の記念となる結婚式、親族として恥ずかしくないよう、服装にも注意して出席しましょう。

立場や時間によってふさわしい服装が変わりますので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

新郎新婦や、ほかの親族の衣装とのバランスにも配慮して、素敵な結婚式にしたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031