冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式のブーケトス、既婚者は参加するべき?しないべき?

結婚式で花嫁がブーケトスをする時、既婚者は参加するべきなのか、しないべきなのか…

「ブーケは幸せのお裾分け」、既婚でも未婚でも、参加して問題はないはず。

でも、「結婚してるのに厚かましいって思われるかも」と、既婚者の中には遠慮してしまう人も多いんですよね。

 

結婚式でのブーケトス問題、年齢が上がるにつれて深刻になっていきます。

参列者の中で、未婚の女性が少なくなるので、既婚者が参加しないと寂しいブーケトスになってしまうということも。

実際のところ、どうするのが正解なのでしょうか?

スポンサードリンク

既婚者も参加しやすい配慮を

花嫁が投げたブーケを、参列者の女性がキャッチすることで幸せのお裾分けができる。

ブーケトスって、そんな素敵な結婚式の演出ですよね。

でも、「幸せのお裾分け」=「次に結婚できる」というイメージが定着したため、既婚者には参加しづらいイベントであることも事実です。

 

既婚者の女性が気を遣うことのないよう、ブーケトスをする場合には、招待する側にも配慮が求められます。

「幸せのお裾分けという意味ですので、女性の方はどうぞ全員ご参加ください」など、司会の方に一言添えてもらうだけで、既婚者も参加しやすくなりますよ。

ブーケトス 既婚者 画像

特に、未婚の女性が少ない結婚式では、既婚者にもどんどん参加してほしいところです。

気後れすることのないよう、小さなお子さんも参加OKにしてしまうなど、賑やかなブーケトスを演出しましょう。

 

既婚者の方は、会場の雰囲気や司会の方のアナウンスに注意して、参加するべきかどうか判断するようにしてくださいね。

心温まる、素敵なブーケトスにするために、お互いに気を配ることが大切ですよ。

スポンサードリンク

ブーケはしっかりキャッチすること!

既婚者も参加しても問題ないとは言え、やはりブーケトスは、未婚の女性にキャッチしてほしいところです。

花嫁は、たいてい後ろを向いて投げるので、調整することはできません。

既婚者の方は、両端や後ろのほうに寄るようにして、なるべく花が飛んでこない位置に立つと良いでしょう。

ブーケトス 既婚者 画像

それでも、もしも自分のところへ飛んできた場合には、ブーケはしっかりとキャッチするようにしてくださいね。

ブーケトスで一番残念なのは、ブーケが誰にもキャッチされず、地面に落ちてしまうということなんです。

幸せの象徴でもあるブーケが、ポトリと下に落ちてしまうと、せっかくの演出が台無しですよ。

花嫁のためにも、自分のところに飛んできたブーケは、必ずキャッチしてあげてくださいね。

 

結婚式でのブーケトス、既婚者にとってはいろいろと悩ましいところもありますが、素敵な演出であることは間違いありません。

あまりくよくよと考えすぎず、参加したほうが良いと思われる時は、こころよく参加しましょう。

また、既婚者が参加しやすいように、招待する側もちょっとした配慮をすると良いですよ。

 

ブーケトスが結婚式の良い思い出となるように、飛んできたブーケはしっかりとキャッチしましょう。

既婚者の方も、その時は遠慮せずに、幸せのお裾分けをいただくようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031