冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀に妊婦は参列して良い?火葬場へ行く時の注意点とは

葬儀に妊婦は参列しても良いのかどうか…いざとなると、判断に迷うところかもしれません。

また、妊婦が火葬場へ行く時に、注意したいことは何でしょう。

 

身近な人の死に際しては、きちんと葬儀に参列をして、お別れしたいと思いますよね。

しかし、そんな時、もしもお腹に赤ちゃんがいたとしたら…?

考えたくもないことですが、訃報はいつ訪れるか分からないもの。

妊婦が葬儀に参列する時や、火葬場へ行く場合の注意点など、知っておきたいマナーをお伝えします。

スポンサードリンク

妊婦は葬儀に参列して良い?

まず、葬儀に参列して良いかどうかについてですが、もちろん参列していけないことはありません。

故人を偲びたいと思う気持ちは、妊娠中であろうとなかろうと、同じです。

妊婦が葬儀に参列すること自体には、何ら問題はないですよ。

 

ただし、妊娠中は体調に注意が必要。

葬儀は、時間はそれほどかかりませんが、それでも妊婦の体には負担になるかもしれません。

特に、つわりがひどいような場合には気をつけましょう。

葬儀では、具合が悪い時にすぐにトイレへ立てるとも限りませんよ。

 

また、お腹が張りやすくて張り止めの薬を処方されているような場合にも、体調をみて参列するかどうか決めたほうが良いでしょう。

葬儀の場では、悲しみのあまり感情が高ぶって、お腹の張りに影響することも考えられます。

そういったことも考え合わせて、体調に不安があるような場合には、無理をして参列することはやめましょう。

葬儀 妊婦 画像

妊娠中は特殊な体調にあるわけですから、葬儀に参列できなかったとしても、失礼にはあたりませんよ。

そんな時は、落ち着いてからお墓参りに出向くなどして、お別れすると良いでしょう。

 

なお、葬儀に参列する場合には、通常は喪服を着用しますが、お腹が目立つようならこの限りではありません。

妊婦の場合は、黒い服装をしていれば、喪服で参列しなくても大丈夫です。

黒のワンピースに黒のカーディガンを羽織ったり、ウエストにゆとりのある黒いパンツに、黒の襟付きのブラウスを合わせたりといった服装で参列しましょう。

無理に喪服を着て、お腹に負担をかけることのないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

火葬場へ行く時の注意点

火葬場まで行くとなると、葬儀より長時間になりますし、立ちっぱなしでいることも多くなります。

妊婦の方は、より一層体調に気をつけなければなりません。

少しくらい大丈夫、と思っていても、体には想像以上に負担がかかっていることもあるのですから、十分用心してくださいね。

くれぐれも、無理はしないことを肝に銘じておきましょう。

葬儀 妊婦 画像

また、火葬場というのは、故人と対面する最後の場です。

体調に不安がないとしても、妊婦の方にはぜひやっておいてほしいことがあります。

それは、お腹に鏡を当てておくということ。

鏡の光る面を外側に向け、腹帯などで固定するようにしてくださいね。

 

これは、まだ生まれていない赤ちゃんが、亡くなった方に連れて行かれるのを防ぐためという意味があります。

迷信ではありますが、妊娠中は精神的にも不安定になりやすいもの。

安心のためにも、鏡を当てておくことをおすすめします。

 

妊娠中、葬儀に参列する時のマナーについて紹介しました。

妊婦の方は、葬儀でも体調に注意しながら、無理のない範囲で参列しましょう。

特に火葬場まで行くような場合には、鏡をお腹に当てることを忘れないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930