冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式のご祝儀…金額の相場はどのくらい?夫婦の場合は?

結婚式のご祝儀って、金額の相場はどのくらいなのでしょうか。

新郎新婦との関係によって決まるとは言っても、いざとなるといくら包めば良いものなのか、けっこう迷ったりしますよね。

結婚後、夫婦で披露宴に招待されると、2人分だから倍なのでしょうか、それとも?

…と、状況によっても結婚式のご祝儀に関する疑問は変わってきます。

 

ここでは、世間一般のご祝儀の相場について紹介します。

結婚式のご祝儀は、新郎新婦との関係のほか、年齢や地域、風習によっても金額が変わってきますが、ひとつの目安として参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ご祝儀の金額の相場

友人・知人や会社の同僚であれば、ご祝儀は2~3万円が相場です。

以前は、偶数は割り切れるため縁起が悪いと言われたりしましたが、最近では「2」という数字が「夫婦」に通じるとして、2万円はOKという考えが浸透してきました。

ただ、中には気にする方もいますので、偶数を避けて一万円札を1枚と、五千円札を2枚包むという方法もありますよ。

 

会社関係でも、同僚や部下ではなく上司の場合は、少し金額が上がって3~5万円が相場になります。

立場が上の人から下の人へ贈るご祝儀は、少し多めに包むものなんですね。

 

また、新郎新婦の兄弟姉妹も、5~10万円と、金額の相場は高くなります。

叔父・叔母の場合も5~10万円で、いとこやそのほかの親族は、3万円が相場になります。

スポンサードリンク

夫婦で出席する場合のご祝儀は?

結婚すると、夫婦で披露宴に招待される機会が出てきます。

そんな時、ご祝儀はどうするのでしょうか?

 

2人分と考えると、1人3万円の場合は2人で6万円となりますね。

ただ、ご祝儀には偶数を避けるようにしますので、近い数字の奇数の額を包むことになります。

友人夫婦の場合、5万円が相場。

よほど親しい関係であれば、7万円を包むこともありますよ。

逆に、1人2万円と考えた場合には、3万円では少ないので5万円を包むか、もしくは3万円のご祝儀+品物でお祝いすると良いでしょう。

結婚式 祝儀 画像

親族で、兄弟姉妹や叔父・叔母が夫婦で招待された場合には、10万円が一般的です。

偶数でも、10万円はOKなんですよね。

先ほど紹介したように、「夫婦」に通じる2万円も、最近ではOKとされるようになってきました。

ほかに、偶数でご祝儀に包んでも良い金額は、8万円です。

漢数字の「八」は末広がりで縁起が良いため、OKなんだそうですよ。

 

結婚式に出席できない時のご祝儀は

最後に、結婚式に招待されたけれども、出席できないという場合のご祝儀について。

結婚式には行けなくても、お祝いの気持ちは伝えたいものですよね。

この場合のご祝儀は、披露宴で出てくるお料理や引き出物の分を差し引いた金額になります。

友人や同僚なら1~2万円、親族なら1~3万円が相場です。

 

結婚式のご祝儀、年齢や立場によって金額の相場が変わってくるので、難しいですね。

でも、ご祝儀はお祝いの気持ちを包むもの。

相場はあくまで参考として、結婚を祝福するという前提を忘れないようにしたいものですね!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031