冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀の流れ 時間はどのくらいかかる?お焼香のタイミングは?

葬儀の全体の流れや、時間はどのくらいかかるかなど、何度か経験していてもなかなか思い出せなかったりしますよね。

お焼香のタイミングはいつだったっけ?…と、葬儀に参列する時になって、ふと不安に感じることもあるでしょう。

ここでは、通夜や葬儀について、内容や行われる時間帯・所要時間など、一般的な仏式の場合の流れを解説します。

 

通夜の流れ

通夜は、夜6時ごろから始まることが多く、30分前には受付を開始しています。

席順は、祭壇に向かって右側に遺族や親族、左側に知人・友人・職場関係などの一般参列者が着席します。

 

開始時間になると、僧侶が入場し、読経・焼香をします。

その後、喪主、遺族、親族、一般参列者の順に焼香をして、全員の焼香が済むと僧侶が退場します。

退場の前に、僧侶から説教や法話が語られる場合もあります。

葬儀 流れ 画像

これで、一通り通夜は終了となりますが、弔問客へのお礼のもてなしとして、通夜ぶるまいが用意されます。

軽い食事をしながら、故人を偲んで供養するというもので、1時間~2時間程度で済ませます。

頃合いを見て、喪主や世話役代表から挨拶があり、お開きとなります。

スポンサードリンク

葬儀・告別式の流れ

もともと、葬儀と告別式は分かれているものでしたが、最近ではあまり明確な区別をしていません。

ひとつの流れとして、葬儀・告別式を続けて行うことが多いようです。

 

夜の時間帯に行われる通夜とは違い、葬儀・告別式は午前10時~午後3時の間に開始されることが多く、1時間~2時間程度で行われます。

30分前には受付を開始し、通夜と同様の席順で着席します。

葬儀 流れ 画像

司会者から開式の言葉が述べられると、僧侶の入場となり、読経と引導渡が行われます。

引導渡とは、故人を仏の道に帰依させること。

これらが終わると、弔辞の拝読と弔電の紹介があります。

弔辞は、あらかじめ指名された人が読み上げるもので、3人くらいが一般的です。

スポンサードリンク

弔辞・弔電の後、再び僧侶が読経を始め、焼香に移ります。

喪主、遺族、親族の順に焼香し、続いて一般参列者も焼香します。

焼香が済んで僧侶が退場すると、司会者から閉式の言葉があり、告別式が終了します。

 

なお、葬儀と告別式を別々に行う場合には、遺族の焼香が終わったところで葬儀が終了となります。

休憩を挟んで、告別式の開始となり、そこで一般参列者による焼香が行われます。

 

葬儀・告別式が終了すると、出棺前に故人との最後の別れの時間が設けられます。

棺が祭壇から下ろされ、遺族や友人の手によって、祭壇の花で遺体のまわりを飾ります。

一般参列者が参加するのはここまでで、あとは出棺を見送り、お開きとなります。

葬儀 流れ 画像

通夜から葬儀・告別式まで、全体の流れを紹介しました。

葬儀では、まわりに違和感を与えることのないよう、マナーを守って振舞いましょう。

一般参列者として参列している場合には、焼香の際、遺族へ礼をすることも忘れないようにしてくださいね。

 

葬儀・告別式は1時間、長くても2時間程度で終了します。

それほど長い時間ではありませんから、全体の流れを考えながら、失礼のないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年1月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031