冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀と告別式の違いとは?知らないと恥ずかしい一般常識

葬儀と告別式って、違いがあることをご存知でしょうか。

 

最近では同じ日に続けて行なわれることが多いため、一緒くたにされがちな葬儀と告別式。

昔は、きっちり区別して行なわれていたものでした。

それには、どういった意味合いがあったのでしょうか。

また、「葬式」という言葉もありますが、こちらの意味や成り立ちとは?

 

知らないと恥ずかしい一般常識、とは言え、今では知らない人も多いのが現実なのかもしれません。

でも、知っておいて損はないと思いますよ。

葬儀と告別式の意味や違いについて、「葬式」という言葉の成り立ちについて、紹介します。

スポンサードリンク

葬儀と告別式の本来の意味

そもそも、葬儀と告別式は、まったく別のものでした。

葬儀は「儀礼」。

亡くなった方の霊魂を鎮め、成仏できるように祈るため、僧侶にお経を唱えてもらうというものでした。

参列するのも、遺族と親族、ほかにはごく親しい近親者のみとなっていたのです。

葬儀 告別式 違い

これに対して、告別式は「式典」であり、故人とのお別れのために行なわれるものでした。

故人と生前交流のあった会社関係者や地域の住民、親交の浅い友人・知人は、告別式に参列するのが通例でした。

 

葬儀が宗教的な儀礼であるのに対して、告別式は社会的な式典というのが本来の意味であったと言えるでしょう。

ちなみに、明治時代以前には、一般的には葬儀のみが行なわれることが多かったようです。

このことからも、告別式には社会的な意味合いが強かったことが伺われます。

スポンサードリンク

葬儀+告別式=葬式

しかし、徐々に葬儀と告別式の境は曖昧になり、同じ日に続けて行なわれることが増えていきました。

現在では、葬儀と告別式を区別することのほうが少ないでしょう。

 

厳密には、焼香の際に遺族・親族や近親者から先に焼香を済ませますから、ここまでが葬儀で、その後の一般参列者による焼香は告別式にあたると考えられます。

でも、特に挨拶も挟まない場合がほとんどなので、一体化していて、あまり区別がありません。

 

そのため、「葬式」という新しい言葉も生まれました。

そう、「葬式」とは、「葬儀」と「告別式」を合わせてできた言葉なのです。

葬儀 告別式 違い

「葬儀」「告別式」「葬式」という3つの言葉は、混同されることが多いのですが、実は違う意味を持っていたんですよね。

本来、葬儀と告別式が別のもので、それらが合わさって葬式になったというわけなんです。

 

葬儀と告別式、今ではほとんど区別もないので、違いを知らなくても困らないかもしれません。

しかし、本来の意味や違いについて知ってみると、参列する時の心持ちも違ってくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年1月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031