冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式に履いていく靴はエナメル素材じゃないとダメ?革はNG?

結婚式に履いていく靴って、悩みますよね。

エナメル素材のものじゃないとダメだとか…

逆に、昼の結婚式でエナメルの靴はマナー違反だとか…

革素材の靴はNGだとか、いや最近ではOKだとか。

結婚式の靴に関するマナーって見方によって様々で、とっても混乱してしまいます。

 

マナーは細かく見ていくとキリがないのですが、結婚式という大切な場面では、やはりマナー違反にならないようにしたいですよね。

特に靴というのは、後回しにしがちだけれど、意外と目に付きやすいアイテムだったりするのです。

 

ドレスは新調してバッチリ!でも、靴のことを忘れていた…

なんてことのないように、結婚式にふさわしい靴を早目に用意しておきましょう。

マナーのポイントを押さえつつ、ドレスに似合う靴選びができれば、ワンランク上の結婚式コーデが楽しめますよ!

スポンサードリンク

結婚式にはエナメルの靴がマナーってホント?

結婚式に履いていくならエナメルの靴。

これって、革製品がNGというところから来ているようです。

結婚式では、殺生を連想させるということから、革製の靴やバッグはNGとされているんですよね。

ですから、結婚式にふさわしい靴というと、本来はサテンなど布製のものになります。

結婚式 靴 画像

でも、それでは選択肢はかなり限られてしまいますよね。

そこで、エナメルなら表面を樹脂でコーティングしてあるので、結婚式に履いて行ってもOK!…というわけなんです。

 

また、エナメルは光沢があって華やかなので、結婚式にふさわしいという考えもあります。

ただ、これには別の意見もあって、昼の結婚式では光り物はマナー違反とされることから、エナメルも良くないと言われることがあるんですよね。

 

結婚式でのエナメル靴には、賛否両論あるわけなんです。

とは言え、エナメルの靴を光り物=マナー違反と捉えるのは、かなり厳しい見方と言えます。

そういう考え方もあるということは知っておいて損はないですが、日本では昼間の結婚式がほとんどですし、あまり気にしなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

結婚式に履いていく靴、本当にNGなのは?

実は、結婚式に履いていく靴で本当に気をつけてほしいのは、素材よりもデザインなんです。

まず、サンダル、ミュール、ブーツはNG。

パンプスでも、つま先やかかとが見えるデザインのものは避けましょう。

 

また、ヒールのない靴もフォーマルな場にはふさわしくありません。

カジュアル過ぎますし、ドレスにも合わないですよね?

結婚式では、妊娠中など特別な事情がない限り、3cm以上ヒールのあるパンプスで、なおかつ露出の少ないものを選ぶようにしてくださいね。

結婚式 靴 画像

結婚式での靴のマナー、いかがでしたか?

意外と知らない、見落としがちなマナーもあったのではないでしょうか。

 

エナメル素材に関しては諸説ありますが、一般的には結婚式でのエナメル靴はOKと考えて良いでしょう。

光沢のあるエナメルは高級感がありますし、ドレスの色とも合わせて選べば、一層華やかに引き立ちますよ。

 

ただし、デザインには気をつけてくださいね。

ミュールやサンダルはもちろん、オープントゥのパンプスやかかとが見えるデザインも、結婚式ではNGですから避けましょう。

マナーのポイントを押さえて、結婚式にふさわしい正しい靴選びを心がけてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031