冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

四十九日など法事に持参する香典の相場はどのくらい?

四十九日や百箇日、一周忌など、法事の際には香典を持参しますが、金額の相場はどのくらいなのでしょうか。

香典の金額は、地域や年齢、立場によって、相場が違ってきます。

さらに、四十九日など節目の法事では、会食も用意されていますよね。

この会食があるかないかによっても、金額は大きく違ってくるので、注意しましょう。

 

香典は少なすぎても失礼ですが、あまり高額な香典も、かえって施主に気を遣わせてしまって、迷惑になる場合があります。

ここでは、ごく一般的な香典の金額についてお伝えします。

香典に包む金額に迷った際は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

会食の有り無しで変わる!香典の金額の相場

四十九日など、節目となる大きな法事の場合には、引き出物や、法要の後の会食が用意されます。

香典の金額は、この会食などにかかる費用も含めて、考慮するのがマナーです。

 

そのほか、故人と血縁関係があるかないかも、金額を左右するポイントになりますね。

ざっくりと金額の相場をまとめると、次のようになります。

 

・故人と血縁関係があり、法要のあとの会食がある場合:2万円〜5万円

・故人と血縁関係があり、法要のあとの会食がない場合:1万円〜3万円

・故人と血縁関係がなく、法要のあとの会食がある場合:1万円〜3万円

・故人と血縁関係がなく、法要のあとの会食がない場合:5千円〜1万円

四十九日 香典 画像

なお、祖父母や親・兄弟姉妹など、ごく近い親族が亡くなった場合には、少し多めに包むようにしましょう。

これは、法要を執り行う施主への心遣いになりますので、忘れないようにしたいマナーです。

 

また、血縁関係がなくても、特にお世話になった方など関係が深い場合は、多めに香典を包む場合もありますよ。

このように、香典の相場は様々な要因が関係してきます。

地域の習わしによっても金額が変わる場合があるので、注意するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

欠席する際の香典の金額は?

法事にはできる限り出席するのがマナーですが、やむを得ない事情で欠席することもありますね。

そういった場合にも、現金書留で香典だけは送るようにしましょう。

 

欠席するということは、会食などの費用がかかりませんから、金額は少なくします。

一般的に、5千円程度をお包みするのが相場となります。

あまり高額な香典を送ってしまうと、かえって施主に気を遣わせることになるので、控えるようにしてくださいね。

四十九日 香典 画像

法事を欠席する場合の香典は、金額よりも、送り方で誠意を示しましょう。

現金書留でも、お金をきちんと不祝儀袋に包んで入れるようにします。

お金をそのまま入れてしまうのはマナー違反になりますから、注意しましょう。

また、欠席することをお詫びする手紙を添えるようにしてくださいね。

短いもので良いので、一言添えておくと、受け取る側の印象が違ってきますよ。

 

法事の際の香典は、金額に迷いますよね。

ここに示したのは、あくまで一般的な相場になります。

実際に四十九日などで香典を包む際には、地域の習わしや故人との関係を考慮して、金額を決めるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031