冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

北海道では香典に領収書が発行される!?驚きの葬儀の常識

北海道の葬儀では、香典に領収書が発行されたり、半返しの習慣が無かったり、いろいろと他県にはない風習が根付いています。

これには開拓時代に発達した独自の文化や、合理性を重んじる道民性が影響しているのだとか。

 

香典に領収書…なんて、まさに合理性の極みですよね。

他県ではちょっと考えられない習慣ですが、北海道では常識とされているのです。

 

北海道の驚きの葬儀の常識、代表的なものをまとめてみました。

いざという時に困らないよう、ぜひご一読ください。

スポンサードリンク

北海道の香典にまつわるあれこれ

北海道では、香典に関することだけでも、他県とは違う様々な風習があります。

まず、葬儀の際に受付で香典を渡すと、その場で開封して中身を確認されます。

この時、希望すれば領収書を発行してもらえます。

ちなみに、香典袋に住所や氏名、金額を記入する習慣があるので、芳名帳への記帳はありません。

これも、大きな習慣の違いの一つですよね。

他県から北海道の葬儀へ参列する際には、香典袋に住所、氏名、金額を書いておくのを忘れないように気をつけましょう。

香典 北海道 画像

さて、香典を渡すと、だいたい半額程度の品をお返しする場合が多いのですが、北海道ではそういった半返しの習慣はありません。

会葬御礼の品物やハガキは受付でお渡ししますが、後から香典返しを贈るといったことはしないんですね。

これは、開拓時代の相互扶助の精神によるもので、葬儀というのは誰にも訪れるものなので見返りは求めない、ということなんだそうです。

 

会葬御礼の品物は800円〜1000円程度で、QUOカードなどの金券が用いられることも多く、このあたりにも合理性が感じられますよね。

スポンサードリンク

北海道では常識!?訃報が新聞に掲載される

そのほか、葬儀にまつわる北海道の常識としては、特に有名でない一般人でも、訃報が新聞に掲載されるということが挙げられます。

と言うのも、道民の多くが購読している北海道新聞には、訃報専用の広告ページがあるのです。

香典 北海道 画像

なぜ一般人の訃報をわざわざ新聞に掲載するのか、他県の人間から見れば不思議ですよね?

しかし、これにもちゃんと理由があるのです。

北海道は他県に比べて広く、道内に親戚がいても、距離にするとかなり離れているというケースが少なくありません。

そこで、新聞に訃報を掲載することで、道内の離れた場所に住んでいる親戚にも、訃報を知らせることができるというわけなんです。

地元紙である北海道新聞を購読している人が多い北海道ならではの習慣ですね。

 

北海道での葬儀の常識、初めて知ると驚きの連続ですよね。

香典に領収書が発行されたり、一般人の訃報が新聞に掲載されたり…

にわかには信じがたいと思われる方も、いるかもしれません。

しかし、これには合理性を尊重する道民性が反映されているのです。

郷に入れば郷に従えと言いますから、北海道で葬儀に参列する際には、マナーをよく確認しておくようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031