Just another WordPress site

menu

冠婚葬祭マナー情報

関西では香典を受け取らない習慣がある?関東との違いについて

香典 受け取らない 画像

関西のお通夜や葬儀では、香典を受け取らない場合があるとご存知でしょうか?

これは、関東との葬儀の習慣の違いによるところが大きいようです。

加えて、四十九日後の香典返しの手間を省くという意味もあって、最近では関西圏の都市部を中心に、香典を受け取らないケースが増えているのだとか。

香典 受け取らない 画像

もともと香典というのは、突然の不幸による出費を助け合うという意味があります。

実際、昔は香典があってこそ葬儀が成り立つという背景があったんですね。

しかし、今ではそういった意味合いも薄れていますし、香典返しの発送となると大変な作業になります。

それなら、いっそ受け取らないほうが…というのは、合理的な関西人らしい発想なのかもしれませんね。

 

関東と関西の葬儀の違い

さて、そもそも関西に香典辞退の習慣が生まれたのは、葬儀に関東と違うところがあったからです。

それは、一般会葬者に料理を振る舞うことをしないということ。

 

関西で生まれ育った人からすれば、何が違うのか分からないかもしれませんよね。

実は、関東圏の葬儀では、親族だけでなく一般会葬者にも料理を振る舞うことが普通なのです。

そのため、関東では香典を受け取らないというケースは少ないようです。

香典 受け取らない 画像

いっぽう、関西は、料理を振る舞うのは親族のみとする場合がほとんど。

近所の人や友人などの一般会葬者は、お経が終わると帰るという流れになります。

こういった葬儀の習慣の違いのために、関西では香典を受け取らない習慣が広まってきたんですね。

 

「香典辞退」の葬儀に参列したら

そういった背景を知っていても、いざ「香典辞退」の葬儀に直面すると、やはり戸惑うところはあるかもしれませんね。

受け付けで香典を受け取らない旨を伝えられても、せっかく用意した香典を、持って帰っても良いものなのかと迷う人も多いようです。

でも、これは故人や喪主側の意志によって決められていることなので、その気持ちを尊重するようにしてくださいね。

 

また、喪主側も、故人に近しい友人や職場関係の代表者などを通じて、事前に香典を辞退するということを連絡しておくと親切ですよ。

当日も会葬者の方にわかりやすいように、会場の受付に香典辞退の旨を伝える看板を出しておくと良いでしょう。

看板は、依頼をすれば葬儀社のほうで手配してくれますので、相談してみてくださいね。

香典 受け取らない 画像

なお、香典を受け取らない場合でも、親族からの香典まで拒否することはまずありません。

あなたが親族の立場で参列するなら、香典辞退の葬儀に香典を用意して行っても、問題はありませんよ。

その場合は、受付を済ませた後で、喪主の方に直接渡すと良いでしょう。

 

葬儀の習慣、関東と関西で大きな違いがありますね。

関西の香典を受け取らないという習慣は現代的な感じがしますが、背景には昔からの習慣の違いが隠されていました。

マナーや習慣は、時代によっても変化するので、その時々にふさわしい立ち居振る舞いを覚えておくことが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930