Just another WordPress site

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式で引き出物を両親や兄弟にも渡すのは常識?非常識?

引き出物 両親 画像

結婚式で、引き出物を両親や兄弟にも渡す…これって常識でしょうか。

それとも、もしかして非常識?

引き出物 両親 画像

結婚式の引き出物は、参列してくれた皆さんへ、いただいたお祝いのお返しの意味もこめてお渡しするもの。

そう考えると、身内である両親や兄弟にまで渡すのは、少し違和感があるかもしれませんよね。

特にご両親は、結婚式を「家と家とで執り行うもの」と考えた場合、完全にホスト側ということになりますからね。

 

しかし、実際には両親や兄弟にも引き出物を渡したという例が少なくありません。

このあたりは、地域の慣習や、それぞれの個人的な感覚によって違うようです。

 

両親に引き出物を渡すのっておかしいの?

厳密に言えば、ご両親はホスト側になるので、引き出物は必要がないはずですね。

何しろ、引き出物には両家の名前が入っているのが一般的です。

最近では、新郎新婦の名前のみを入れるパターンも増えていますが、やはりオーソドックスなタイプは両家の名入りとなっています。

 

そうなると、ご両親から参列してくれた皆さんへ、という意味になりますから…

ご両親へ引き出物が渡るというのは、自分から自分に贈っているようなことになり、少しおかしい話になってしまいます。

引き出物 両親 画像

結婚式場でも、相談されれば「ご両親への引き出物は不要」と回答することが多いようです。

そのため、両親には引き出物は渡さないことが一般的ではあるものの、渡すという人も少なくありません。

これには、「記念になるから両親にも持っておいてほしい」「どんな引き出物を配ったのか、両親に報告する意味で渡したい」などの理由があるようですよ。

 

兄弟に引き出物は不要?必要?

兄弟に関しては、もう少し話は単純になります。

なぜなら、兄弟がすでに結婚して家を出ている場合には、迷わず渡すという人が多いからです。

結婚して家を出ているなら、別世帯になりますし、当然お祝いももらっているはず。

それなら、引き出物はむしろ渡すべきと考えて良さそうですね。

 

また、まだ兄弟が実家を出ていないケースでは、「お祝いをもらっているかどうか」というのが、線引きのポイントになってきますよ。

引き出物には内祝いの意味もありますから、これは理にかなった理由と言えるでしょう。

引き出物 両親 画像

結婚式の引き出物、ご両親や兄弟にも渡すかどうかは、人によって意見が分かれるところです。

明確に「渡すのが常識」「非常識」と言えるものでもないようですから、新郎新婦でよく話し合って決めるのが一番でしょう。

結婚式の記念の品ともなる引き出物ですから、ご両親にとってみれば、もらって悪い気はしないでしょうね。

なお、ご両親にも渡すという場合には、引き出物ののしに入れる名前を両家ではなく2人の名前にするなど、違和感のないように配慮しておくと良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31