冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

結婚式のアクセサリーはパールが定番!昼と夜とでマナーが違う?

結婚式につけるアクセサリーといえば、パールが定番ですよね。

パール以外では、どんなアクセサリーが結婚式にはふさわしいのか、ご存知ですか?

 

光り物はダメ!とか、揺れるイヤリングは良くないだとか、聞いたことのある人も多いと思います。

でも、実はこれ、昼と夜とでマナーが違ってくるんですよ。

そのため、お昼から結婚式をして、披露宴があって、夜に二次会…となると、わざわざアクセサリーを変える人もいるんだとか。

 

ややこしいとは思いますが、マナーは大切。

ここでしっかりとおさらいをして、アクセサリーに関するマナー、マスターして行ってくださいね!

スポンサードリンク

昼の結婚式では光り物はNG!

結婚式には華やかな装いで出かけるものですが、アクセサリーに関しては、光り物はダメって言いますよね。

これは、昼の結婚式の場合のマナーです。

新婦よりも目立たないよう控えめにするという意味と、写真撮影の際に反射して、周りの人の写り具合に影響することがないように…という配慮のためです。

 

結婚指輪は別ですが、そのほかの場合は、基本的にダイヤモンドなどの宝石類や、ゴールドのアクセサリーはNGなんです。

昼の結婚式では、パール素材の控えめなものを選びましょう。

そのほか、光の上品な半貴石なら、大きすぎないものはOKですよ。

具体的には、珊瑚・翡翠・トルコ石・ラピスラズリ・ムーンストーン・メノウ・アメジストなどは、昼の結婚式でもマナー違反になりません。

結婚式 アクセサリー 画像

逆に、夜の結婚式では、より華やかさが要求されます。

照明を受けてキラキラ輝く宝石類や、パールでも大粒のもの、ロングタイプのものを組み合わせ、ゴージャス感を出しましょう。

スポンサードリンク

揺れるイヤリングはNGってホントなの?

これに関しては、賛否両論があるようですね。

NGである理由としては、「家庭が揺れる」というイメージにつながるからだそうですが…

そもそも、そういったマナーは存在しないという意見もあります。

 

ただ、あまり大ぶりなイヤリングやピアスは目立ちますので、結婚式にはふさわしくないと言えるでしょう。

大きすぎるもの、派手に揺れるものは避けましょう。

服装とのバランスを考えて、派手すぎないイヤリングやピアスを選択するようにしてくださいね。

 

結婚式でのアクセサリーのマナー、昼と夜とでも違いがあって、大変ですよね。

ややこしいなと感じる方は、パールのアクセサリーなら昼でも夜でもOKですから、ひとつ持っていると重宝しますよ。

ただ、パールはパールでもブラックパールは、不祝儀のイメージがあるので避けるようにしてくださいね。

 

昼の披露宴と夜の二次会でアクセサリーを使い分けるというのも、見方を変えれば、おしゃれが楽しめて良いかもしれません。

せっかくのお祝いの場ですから、ポジティブに考えて楽しく過ごせると良いですね!

 

何はともあれ、結婚式の主役は花嫁。

花嫁より目立ってしまうことのないように、アクセサリー選びにも配慮するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031