冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

香典の金額の相場は?間接的な知人でも包むべき?

香典の金額って、どのくらいが相場なのでしょうか?

故人や遺族との関係、地域、贈り主の立場や年齢によっても香典の金額は変わってきます。

様々なケースがあるので、いくら包めば良いのか迷いますよね。

また、友人の家族など、間接的な知人が亡くなった時には、そもそも香典を包むべきなのかどうか分からない…ということも。

 

ここでは、香典の金額の相場について、故人や遺族との関わりや、年齢による違いをまとめてみました。

一般的な目安として、参考にしてくださいね。

 

香典の金額の相場について

香典の金額を決める際、もっとも大きなポイントとなるのは、故人との関わりの深さになります。

これに、贈り主の年齢や立場、地域の慣例などが加わって、金額に多少の違いが出てきます。

 

親しい友人や知人が亡くなった場合には、香典の金額は5000円~1万円が相場です。

勤務先の上司や部下、お世話になった方が亡くなった場合にも、ほぼ同額を包みます。

関係の浅い友人や、近所の知人などの場合には、3000円~5000円が相場になります。

 

ちなみに、会社関係や近所の方の場合には、規定や慣例により金額が決まっていることも多いので、確認しましょう。

その場合には、年齢や立場に関わりなく、決まりに従うようにしてくださいね。

香典 画像

故人が身内の場合は、香典に包む金額の相場は上がってきます。

これは、葬式費用という意味も含めて渡すため。

兄弟姉妹なら3万円~5万円、祖父母や叔父・叔母の場合には1万円が相場です。

また、親が亡くなった場合でも、喪主以外の子どもは香典を包みます。

相場は、5万円~10万円です。

スポンサードリンク

香典にふさわしい金額とは

相場の金額には開きがありますが、香典は偶数を避け、切りの良い金額を包むもの。

一般的に、3000円、5000円、1万円、3万円、5万円、10万円といった額になります。

 

ですから、相場が5000円~1万円の場合、5000円もしくは1万円ということですね。

40代を目安に、年齢が上がってきたら多めの金額を包むようにします。

もちろん、故人との親しさの度合いによっては、若い年代でも多めの額を包んでも問題はありません。

 

また、親しくない間柄であっても、香典の金額は3000円が下限です。

香典を包むと、会葬返礼品や香典返しをいただきますので、3000円より少ない金額では相手にとって負担になるため良くありません。

スポンサードリンク

間接的な知人にも香典は必要?

友人の親や同僚の配偶者など、間接的な知人が亡くなった場合の香典についてはどうでしょう。

この場合、故人とどの程度の顔見知りであったかによって、香典を包むかどうかが決まります。

目安としては、何度か顔を合わせているようであれば、香典を包むようにしましょう。

金額は、3000円~5000円が相場です。

 

なお、友人や知人が喪主である場合には、故人との関わりに関係なく、香典を包むのがマナーですので気をつけましょう。

香典 画像

香典の金額の相場について紹介しました。

ここに示したのは、あくまで世間一般の相場になりますが、迷った時の目安にしていただければと思います。

実際に包む金額は、故人・遺族との関係や立場を考慮して、決めるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930