冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀に参列できない時に香典を郵送で送っても良い?

葬儀に参列できないという時に、香典を郵送で送っても良いものでしょうか?

香典というと、通夜や葬儀の場に持参するのが一般的です。

しかし、遠方であったり、やむを得ない理由により参列できない場合もあります。

 

また、後になって訃報を知った場合など、通夜・葬儀に香典を持参できなかったという時は、香典を郵送で送っても問題はありません。

ただし、送る時にも忘れてはいけないマナーがあるので、チェックしておいてくださいね!

スポンサードリンク

香典を郵送する際の送り方

香典を郵送で送る場合には、まず現金を香典袋に包み、その香典袋を現金書留の封筒に入れて、喪主宛に郵送します。

現金を直接、現金書留の封筒に入れて送るのはマナー違反にあたるので、気をつけましょう。

なお、郵送する際に使う香典袋は、水引きも印刷されているものがフラットですので良いですよ。

本来、香典袋は金額に見合ったものにするのがマナーですが、郵送の場合はこの限りではありません。

香典 郵送 画像

また、香典袋には、葬儀に持参する場合と同じように表書きをして、中袋には住所・氏名を記入します。

現金書留の封筒にも住所氏名を書くから、香典袋には書かなくても良いというわけではありません。

省略せずに、きちんと両方書くようにしてくださいね!

 

弔電と一緒に電報為替で香典を送る方法もありますが、これは喪家に換金処理の手間をかけてしまいますので、控えたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

お悔やみの手紙を添える

香典を郵送する時には、お悔やみの言葉や、葬儀に参列できなかったことを詫びる手紙を添えましょう。

こうしたお悔やみの手紙は、ハガキではなく、白い便箋に手書きで記した封書で添えるのがマナーです。

毛筆で書く場合には、薄墨の筆で哀悼の意を表します。

慣れない方は毛筆でなくてもかまいませんので、必ず手書きで書くようにしましょう。

 

お悔やみの手紙には、頭語・結語は書かないのが通例です。

挨拶文や近況も省き、簡潔にまとめるようにしましょう。

訃報に接して驚いている気持ちや、遺族への慰め・励ましの言葉、参列できなかったお詫びを書き、心のこもった手紙にします。

「心ばかりのお香典を同封致しましたので、ご霊前にお供えいただきたく存じます」など、香典を同封している旨を伝えて、冥福を祈る言葉を書き添えるようにしてくださいね。

 

「重ね重ね」「たびたび」などの重ね言葉や、「また」「追って」などの繰り返しを意味する言葉は忌み言葉になりますので、使わないように気をつけましょう。

香典 画像

葬儀に参列できなかった場合、香典を郵送で送る時には、マナーを守って失礼のないように送りましょう。

葬儀に持参する場合と同じように、香典袋に現金を包んで送るようにしてくださいね。

また、心のこもったお悔やみの手紙を添えて、哀悼の意と参列できなかったお詫びを遺族の方に伝えます。

 

なお、知人が葬儀に参列するという場合でも、香典を預けたりするのはマナー違反にあたります。

香典を持参できない場合には、郵送で送るようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031