冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀での女性の服装にスーツはOK?インナーは?

葬儀での服装に、女性がスーツを着ていくのはOKなのでしょうか?

その場合、インナーには何を着たら良いのでしょうか。

 

葬儀での女性の正式な服装は、黒のアンサンブルやワンピースなど。

黒のフォーマルスーツは準喪服という扱いになりますが、着用しても問題はありません。

黒無地のパンツスーツは略式喪服になるので、親族として参列する場合には避けた方が良いですが、一般参列者なら大丈夫です。

ただし、インナーには少し注意が必要ですよ。

スポンサードリンク

葬儀での服装マナー

男性の場合、一般参列者なら、葬儀にはブラックスーツにブラックタイが基本ですよね。

ワイシャツは白色を着用します。

これと同じ感覚で、女性も黒のスーツに白いブラウスでOKなのでは?…と思いがち。

実は、これが大間違いなんです。

葬儀 服装

葬儀の場では、白いブラウスはマナー違反。

ですから、女性が葬儀に黒いスーツで参列するなら、インナーには黒いブラウスを着用します。

肌をなるべく見せないようにしますので、襟の詰まったものを選びましょう。

黒いスカーフなどを利用するのも良いですよ。

 

男性の白いワイシャツはOKなのに、なぜ女性の白いブラウスはNGなの?…という疑問もわきますが、慣例ですので従いましょう。

また、ストッキングも黒色のものを着用します。

肌色のストッキングや、生足はもちろんNGですので、気をつけましょう。

スポンサードリンク

通夜の場合の服装は?

通夜の場合、急な訃報に駆けつけるため、黒っぽい色の服であればOK…とされていました。

しかし、最近では葬儀とあまり変わらない服装で参列する人が多くなっています。

葬儀 女性 画像

どうしても喪服の用意が間に合わないという場合には、黒やグレー、紺色などのワンピースや、黒無地のブラウスにスカートを合わせたスタイルなどで参列します。

もちろん、白いブラウスは「黒っぽい服装」にも当てはまらないので、NGですね。

 

訃報は、突然やってくるもの。

いざという時に、喪服がないと慌てますよね。

女性の場合、黒無地のスーツがあれば略式喪服として着用できますが、白いブラウスはNGなので注意が必要です。

葬儀に着ていく時は、スーツのインナーも黒になります。

 

と言っても、黒のブラウスって持っていない人も多いですよね。

わざわざ弔事用に黒のブラウスを用意するのであれば、思い切って喪服の購入を検討するのも良いかもしれません。

ジャケットとワンピースのアンサンブルを一着持っていると、夏でも冬でも対応できるので重宝しますよ。

 

特に親族の場合、葬儀にはスーツではなく、正式な喪服で参列するもの。

そういった機会はあまり早く来ないほうが良いですが、とは言え、いつかは訪れることでもあるのです。

葬儀の服装に困らないよう、女性はある程度の年齢になったら、喪服の用意をしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930