冠婚葬祭のマナーをまとめました。成人式や急な葬儀、結婚式に参加することになり、焦りを感じている方は私のサイトで基本知識を身につけてから参加してはいかがでしょう?

menu

冠婚葬祭マナー情報

葬儀でのアクセサリーやメイクのマナー 控えめでも「きちんと」

葬儀でのアクセサリーやメイクって、どうしていますか?

喪服に合わせるアクセサリーと言えばパールが定番ですが、ほかにつけても良いアクセサリーってあるのでしょうか。

また、パールはパールでも、葬儀にはふさわしくないタイプのものもありますよ。

マナー違反のものを着用すると失礼になりますから、慎重に選びたいところですよね。

メイクは普段通りで良いのかどうか…そのあたりも気になるところです。

 

ここでは、女性が知っておきたい、葬儀でのアクセサリーやメイクに関するマナーを解説します。

ポイントは、控えめに、でも「きちんと」することです。

スポンサードリンク

葬儀につけていって良いアクセサリーは?

葬儀でのアクセサリーに関しては、まず洋装か和装かで考え方が違います。

洋装の場合、ジュエリーをつけることによって、はじめて正式な服装として完成されます。

ですから、葬儀にワンピースやアンサンブル、スーツなどで参列するなら、何かしらジュエリーをつけたほうが良いでしょう。

 

いっぽう、和装の場合は、基本的にアクセサリーはつけません。

これは、祝儀不祝儀に関わらず、冠婚葬祭すべてに共通しています。

ですので、ここで言うアクセサリーとは、洋装の場合というのが前提になります。

 

先ほども言いましたように、葬儀でつけるアクセサリーは、パールが基本。

これは、真珠は“涙の象徴”なので、葬儀の場にふさわしいとされているからです。

葬儀 アクセサリー 画像

色は、白・黒・グレーのいずれでもOK。

ただし、ネックレスのタイプには注意が必要です。

二連や三連のネックレスは、“不幸が重なる”という意味に繋がりますので、避けましょう。

また、ロングタイプのものや、あまり粒が大きいものも派手すぎますので、葬儀にはふさわしくありません。

 

パール以外では、オニキスや黒曜石、ジェットなど、黒い石のアクセサリーなら着用しても大丈夫です。

葬儀では、派手すぎず控えめなジュエリーで装いましょう。

スポンサードリンク

葬儀にはナチュラルメイクで

メイクも、アクセサリーと同じく控えめが良いですね。

と言っても、ノーメイクでは正式な装いにふさわしくないため、かえって失礼にあたります。

薄付きのナチュラルメイクで、きちんと感を出しましょう。

 

ラメやパールの入っていないファンデーションで、下地はマットに仕上げます。

あとは、口紅をつけて眉毛を整える程度でOK。

口紅は、赤やオレンジなど派手な色は避けましょう。

ラメの入っているものや、リップグロスで光らせるのもいけません。

葬儀 メイク 画像

マスカラやアイラインは、必要であれば入れても良いですが、控えめに。

葬儀では涙を流す場面も考えられますし、目元がパッチリしすぎても派手になるので、良くありません。

もちろん、つけまつ毛なんて派手すぎますので、NGですよ!

 

葬儀でのアクセサリーやメイクは、控えめが基本です。

そのいっぽうで、正装を求められる場でもありますから、きちんとした装いでなければなりません。

マナーを守ったアクセサリーやメイクを心がけ、失礼のないよう気をつけましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930